印象を残す

芸能人になるための方法はいくつかありますが、最も多くの方にチャンスが生まれるのが、芸能事務所やタレント養成所のオーディションです。オーディションに合格すれば、芸能事務所・タレント養成所預かりとなり、映画や舞台などで活躍できるチャンスを作ることが出来ますが、そのためにはまずオーディションに合格しなければなりません。オーディションでは様々な面をチェックしますが、特に大事なことが自己PRで、自分の良さをきちんとアピールできない限りは、芸能界入りは難しいでしょう。

 
自己PRではとにかく自分のことを印象に持ってもらうことが大切です。芸能事務所やタレント養成所のオーディションには毎年大勢の方が応募するので、ありきたりの無いようだとまったく相手にされず、書類審査の辞典で落とされてしまいますが、自己PRがしっかりしていると、それだけ相手に強い印象を与えることが出来ます。そのために自分が優れた点を思い切りアピールし、芸能人として活躍したい思いを包み隠さず伝えられるよう、自己PRの内容をしっかり考えてみましょう。

 
自己PRを考える際は、自分のいいところを積極的に見つけましょう。自分の誰にも負けない点を挙げろといわれても、どうしても萎縮してしまうという方も多いでしょうが、そうした気持ちは押し込んで、とにかく自分が自信を持っていることをアピールしましょう。もちろんそれに実績も伴っていると、より自己PIに信憑性が増し、事務所や養成所に強い印象を与えることが出来るでしょう。

オーディションと自己PR

芸能事務所やタレント養成所では定期的にオーディションを開催しており、オーディションに受かった方を事務所・養成所預かりとして、レッスンなどを受けさせた後に、テレビや舞台などで出演の機会を得られるオーディションを受けさせます。そのため芸能人として働くためには、一度芸能事務所やタレント養成所のオーディションに合格する必要があるのですが、実際に合格する人はごく一部で、大抵の方は筆記試験の時点で落とされます。そんな方がまず気を付けたいのが、自己PRの内容で、ここに問題があるとどんなオーディションでも合格することはありません。

 
芸能事務所やタレント養成所のオーディションに限らず、自己PRの内容は非常に重要です。自己PRがありきたりなものだと、周りの人と交ざったときに強く印象に残らず、そのままその他大勢の人材として取り上げられることはなくなりません。そうした事態を防ぐためにも、書類審査の段階で自己PRをしっかり考えることが重要です。芸能界に興味を持ったエピソードでも、得意分野のアピールでも、題材は何でも良いので、とにかく相手に印象を持たせる文章作りを目指しましょう。

 

自己PRの内容は、根拠がある内容かどうかで大きく印象が変わります。芸能人になりたいアピールをいくらしても、それを感じさせるエピソードが無いと、口だけの意見に見えてしまいますし、得意分野があっても、特にそれで実績を残せていないと、大したことがないと思われやすくなります。そうした事態を防ぐためにも、自己PRを書く際は、その内容に納得できるエピソードを合わせて書くようにしましょう。