芸能事務所やタレント養成所では定期的にオーディションを開催しており、オーディションに受かった方を事務所・養成所預かりとして、レッスンなどを受けさせた後に、テレビや舞台などで出演の機会を得られるオーディションを受けさせます。そのため芸能人として働くためには、一度芸能事務所やタレント養成所のオーディションに合格する必要があるのですが、実際に合格する人はごく一部で、大抵の方は筆記試験の時点で落とされます。そんな方がまず気を付けたいのが、自己PRの内容で、ここに問題があるとどんなオーディションでも合格することはありません。

 
芸能事務所やタレント養成所のオーディションに限らず、自己PRの内容は非常に重要です。自己PRがありきたりなものだと、周りの人と交ざったときに強く印象に残らず、そのままその他大勢の人材として取り上げられることはなくなりません。そうした事態を防ぐためにも、書類審査の段階で自己PRをしっかり考えることが重要です。芸能界に興味を持ったエピソードでも、得意分野のアピールでも、題材は何でも良いので、とにかく相手に印象を持たせる文章作りを目指しましょう。

 

自己PRの内容は、根拠がある内容かどうかで大きく印象が変わります。芸能人になりたいアピールをいくらしても、それを感じさせるエピソードが無いと、口だけの意見に見えてしまいますし、得意分野があっても、特にそれで実績を残せていないと、大したことがないと思われやすくなります。そうした事態を防ぐためにも、自己PRを書く際は、その内容に納得できるエピソードを合わせて書くようにしましょう。

Published by admin